プログラミングを教える時に気をつけたい箇所

ピンポンゲーム

ピンポンゲームを応用してプロックくずしゲームを作成

ピンポンゲーム


ブロック崩しゲーム

メッセージの説明のときにこの方法はよく使っています。
(ブロックをクローンで作ると、クローンまで説明できます)

しかし、今回はどうしたことかゲームのスタートの位置決めがどうしてもうまくいかない。

ボールを中心付近に持ってきても、示す座標は全くずれた位置。

 

こうしたとき、スプライトの位置が大きくずれてることがよくあります。

スプライトのコスチュームを(意図するしないに関わらず)いじってしまった場合です。

お絵かきツールでコスチュームを開いて対象物をクリックするとハンドルが出るのですが、子どもたちはこれに気づかず、ぐーっと移動させてしまうことがよくあります。

指導者側でここに気づかないと、「スクリプトが動かないのはなぜだろう?」と頭をひねることに。

 

例えばボールですが、本来の位置はこんな感じ。

正常なコスチューム

 

ハンドルでコスチュームを変更してしまった場合

ずれたスプライト

気づきにくい箇所ですが、いつの間にかコスチュームを移動させてしまっている、こんなところも見てみると解決がスムーズになります。

コメントを残す