【読み聞かせ】綱渡りの男

今朝は小学校の読み聞かせの日、4年生のクラス担当でした。

【綱渡りの男】
若きフランス人大道芸人、フィリップ・プティは、完成間近の世界貿易センターのツイン・タワーの間に綱を張り、綱渡りをした。およそ1時間にわたり、フィリップは地上約400メートルの高さで綱の上を歩き、踊った。

1974年8月7日、ニューヨークの世界貿易センターで、信じられないような綱渡りをしたフィリップ・プティ。
人々を驚きと喜びでわかせた綱渡りの記録を、いまはなきツイン・タワーの思い出に。

———————

実際にあったお話だそうです。
地上400メートルの高さにある2センチの太さの綱の上を歩く!
ビルの谷間なので強い風が吹いています。
読んでいて、どきどき、はらはらします。

小学校高学年以上向きです。

また、このお話は映画化され、2016年1月に公開となるようです。

コメントを残す